クレンジングバームとホットクレンジングでで迷ったら読むページ

ホットクレンジングかクレンジングバームどっちを選ぶべき!?

腕を組んで悩む女性

鼻や頬の毛穴の黒ずみ、
思い返せば何年も悩んでいる。。。と言う方
きっと少なくないですよね。

メイクを落としながら毛穴問題を解消するなら、
毛穴ケアにも優れたクレンジングを選びたいですよね。

そこで、今選ばれている「肌へのやさしさ」と「優れた毛穴ケア」の両方に対して評判のホットクレンジングと、クレンジングバーム。

どちらも評判の良い評価・口コミが多いけど、どっちが良いの?

と、迷っている方にこの2つのタイプのクレンジングの特徴と違い。
それぞれのメリット・デメリット、そしてどんな肌質やメイクをする方に向いているのかお伝えします。

毛穴をキレイにして肌を正しくリセットするために参考にどうぞ♪

実感した結論。このような方におすすめ。

最初に、今まで複数のバームとホットクレンジングを使って実感した結論からお伝えしますね。

クレンジングバームはこのような方に

クレンジングバームは、
毛穴とくすみケアに効果的

メイク浮きも良いので、
濃い目のメイクをする方にもおすすめです。

クレンジングバームは、
オイルとクリームのイイとこ取りしたようなクレンジング」
と言われるように、

植物由来の油脂で優しくスルンっとメイクを浮かせてくれて、洗い上がりもシットリすでに保湿したかのような洗い上がりが実感できます。

ホットクレンジングはこのような方に

ホットクレンジングは、毛穴の黒ずみにお悩みの方におすすめです。

メイク浮きはメーカーによって異なりますが、
「毛穴ケア」という点に関しては
ホットクレンジングの方がおすすめです。

というのも、
ホットクレンジングは
ホットタオルを使った方法をクレンジングだけでできるからです。

  1. 温感効果で毛穴をほぐす
  2. 毛穴をゆるめて汚れを落とす

という流れでクレンジングできます。

落ちにくい目元は、
リムーバーが必要な場合も。

また、まつ毛エクステをしていても使えるものもあり、メイクに合ったものを選びやすいです。

ホットクレンジングの特徴とメリット・デメリット

これまで購入して使った6つのホットクレンジングの写真

ここから、バームとホットクレンジングの特徴を詳しくご紹介していきますね。

最初はホットクレンジングについてお伝えします。

ホットクレンジングの特徴やメリット・デメリットは、

ホットクレンジングの特徴

ホットクレンジングはその名の通り、クレンジングを肌に乗せてクルクルとメイクに馴染ませていくとほんのりポカポカ肌が温まるのを感じます。

この温感効果は同じホットクレンジングでも温かさに多少の違いがありますが、肌を温めることでほぐれた毛穴の汚れを取り除きやすくする効果があります。

温感マッサージをしているホットクレンジングの写真

毛穴汚れを取り除く方法として、蒸しタオルで温めたり湯船にゆっくり浸かって肌を温める方法がありますが、クレンジングだけで温めようというのがホットクレンジングです。

メリット
  • 蒸しタオルを使わなくても毛穴をキレイにできる。
  • 温感効果で血行を良くしてる
  • 温めてターンオーバーを促進してくれる
  • 肌をほぐし保湿化粧品の浸透を高めてくれる
  • 毎日クレンジングで毛穴をキレイに保ってくれる

毛穴に詰まった汚れを浮き上がりやすい状態にすることで、肌を傷めることなく毛穴をキレイにする効果が期待できます。

デメリット
  • 温感マッサージする必要がある
  • 温感効果はホットクレンジングによって違う
  • 肌が敏感過ぎると熱く感じる人もいる

ホットクレンジングの温感効果が熱く感じる人はほとんどいませんが、肌が敏感過ぎる方はさけたほうが良いでしょう。

クレンジングバームの特徴とメリット・デメリット

これまで購入して使った5つのクレンジングバームの写真

続いて、クレンジングバームの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきます。

クレンジングバームの特徴

クレンジングバームは、シャリシャリのものや軟膏のようなテクスチャで、肌に乗せると体温でトロ~っとトロけてクリーム状へと変化するのが特徴です。

シャリシャリの状態からトロけるクレンジングバームの写真

一般的なクレンジングクリームとは質が違い、粘性があるのでゴシゴシ摩擦を和らげてくれます。
液ダレせずにしっとり肌に乗るので、メイクへの馴染みも良いのが特徴です。

メリット
  • メイク落ちが抜群に良い。
  • くすみにも効果的
  • 洗い上がりのしっとり感がすごく良い!
  • 美肌効果を実感しやすい
  • スキンケア効果が高い

バームは肌への密着性も良いので、洗い上がりのシットリ感も良くすでに化粧水をつけたかのような洗い上がりが実感できます。

「オイルとクリームのイイとこ取り」したようなクレンジングと評されることがありますが、まさにその通りだと実感しています。

落ちにくいアイメイクもスーッと浮き上がるのでリムーバー不要で使えて、今まで試したものはどれも無添加で植物由来の成分だから肌にも優しいです。

デメリット
  • トロけるまで少し時間がかかる
  • 乾いた手で使う必要がある
  • 平均的に値段がお高め

丁寧に毛穴や角質のケアをしたいという方に向いています。

洗い上がりは他のクレンジングに比べ高い美容効果が実感できますが、その分値段も少々お高い設定になっている傾向にあります。

まとめ。どっちを選んだら良い?

ホットクレンジングは温感効果で肌を温めることで毛穴をほぐし、柔らかくゆるんだ毛穴から汚れを浮き上がらせるものです。
温感マッサージは、毎日使い続けることで血行を促進してターンオーバーを正常へと導く働きもあります。

クレンジングバームは、肌に優しい植物由来のオイル成分による優れた優れた洗浄力と、粘性のあるクリーム状の優れた密着力で肌にスーッと吸い付くように馴染んでメイクを浮き上がらせるものです。

クレンジングバームはミルクやクリームのように使え、 乳液や美容クリームのように肌に密着して馴染むので、クレンジングに配合された成分の美容効果も洗い上がりで実感しやすいです。

肌質やケアしたい悩み、メイクで選ぶならどっちが良い?

人差し指を差す女性

毛穴詰まり、黒ずみケアに特化しているのは、
ホットクレンジングです。

バームは毛穴ケアにも良いですが、
どちらかといえば、くすみケアの方が効果は実感しやすいと思います。

 

クレンジングバーム

  • 乾燥肌も何とかしたい
  • 濃い目のメイクもスルンと落としたい
  • クリーム慣れしている

このような方でおすすめです。

無添加で肌に優しいクレンジングでメイク落ちが1番優れているのはクレンジングバームです。
(※どんな強力なウォータープルーフ系もすべて落ちると保証するものではありません。)

もちろん好みもあると思いますが、洗い上がりのシットリ感や美肌効果は「もっと早く知りたかった!」と思う人も多いはず♪

ホットクレンジングやクレンジングバームが毛穴ケアに良い理由

毛穴ケアに評判のバームとホットクレンジングですが、

無添加で優しいクレンジングは皮脂バランスを整える働きもしてくれるので、ドラッグストアで気軽に手にできるクレンジングに比べると高いですが、

使い続けることで、
毛穴をキレイな状態に保ってくれるでしょう。

毛穴をキレイにするだけでなく、
毛穴問題の予防にもなるため、
優しいケアができます。

追伸

最後にまとめると、
バームは濃い目のメイクにも向いていて、
肌のくすみも気になるという方におすすめです。

毛穴の黒ずみへの効果が高い方が良い。
という方は、ホットクレンジングが適しているでしょう。

今後も何年、何十年とクレンジングはほぼ毎日使っていくものですから、この機会に試してみてはいかがでしょう。

数年後に「もっと早く使っていれば良かった」なんてお話になってはもったいないですよね。

スキンケアは保湿の前段階で、
肌のコンディションを整えられると、
保湿にも変化を実感できますからエイジングケアにもおすすめですよ。




毛穴レスへ導く洗顔特集

クレイ洗顔特集
酵素洗顔特集
ホットクレンジング特集
クレンジングバーム特集

 

毛穴レスQについて

自腹で購入して正しく評価♪毛穴とエイジングケアに良いものだけ厳選!(購入した30個以上の洗顔石鹸とクレンジングを並べた写真)
管理人

評判の良いクレンジングや洗顔石鹸を自腹で購入して試しています。
一つの洗顔料をじっくり使うだけでなく、たくさん使い比べることで分かった違いや特徴を評価しています。

肌質や年齢、メイクや好みの違いがありますから、100人が100人「コレが良い」と言うものなんてありませんが、ネット上に溢れかえる洗顔料の中から、毛穴や角質ケアに最適な洗顔を見つけるための判断材料として参考にして頂ければ嬉しいです。

毛穴のデイリーケアに役立つコラムもおすすめ!

ヘアメイクMai

私自身の敏感肌で実践していることと、仕事を通じて得た知識でコラムを書いています。

老化は毛穴のゆるみから表れます。
毛穴の気にならない毎日を送るお手入れに役立てて下さい。
→デイリーケアコラム一覧へ


トップに戻る↑