毛穴を綺麗にする洗顔の選び方、使い方と年齢と肌質に合ったお手入れ方法

毛穴をキレイにする方法をいくつかご紹介します。

毛穴を綺麗にする方法を考える女性

毎朝の洗顔と、特に女性にとって大切な夜のクレンジング。

1日2回は使う洗顔料は女性のスキンケアに欠かせないものです。

毎日のことだからこそ、誤ったケアは肌トラブルの原因になりますし老化を早めてしまう事にも繋がります。

そんな洗顔の使い方や洗顔料の選び方、肌質や年齢に合った方法をご紹介します。

『洗顔料を見直そうかな』とか
『今までのケアが最近合ってないかも』
とお考えの方へ、少しでも参考になればと思います。

毛穴に詰まる黒ずみの正体とは

虫眼鏡で鼻の毛穴を見る

毎日ちゃんと洗顔しているのにどうして毛穴が詰まったりするの、、?
と悩んでいる方も多いですよね。

毛穴に詰まるアレは『角質』と『皮脂』が混ざり合ってできたもので『角栓』と呼ばれます。 

この角栓の主成分が皮脂だと思っている方も多いと思いますが、

実は古い角質(またはタンパク質)です。

もちろん皮脂も含まれます。
割合で言えば角質が7割、皮脂3割ですので、オイルやホットタオルなどで溶かすということは難しいのです。

オイルクレンジングなどしつこくマッサージし過ぎても、逆に刺激から肌を守るため角質を生み出すようになるため余計に詰まってしまいます。

また、乾燥も実は原因の1つなんです!

乾燥すると皮脂の分泌が増える理由

肌は乾燥すると肌の水分量が不足しているため、うるおいを逃がさないように皮脂を分泌しようとします。

そのため余分な皮脂が毛穴を詰まらせてしまいます。

さらには肌を守るため角層が厚くなり、皮膚がゴワゴワし硬くなってしまいこれにより毛穴が細くなりより詰まりやすくなってしまいます。

メイク汚れをしっかり落とす

これはあなたもご存知かと思いますが、もうひとつはメイクなどの汚れです。
しっかり落としたつもりでも案外残っていることが多いようですので、まずはしっかり落とす事が大切です。

すすぎは、ゴシゴシせずに
優しく十分に時間をかけましょう。

すすぎは30回くらいは丁寧に。

クレンジングをすすいだ直後の肌の状態が大事

基礎化粧品とフェイスタオル

クレンジングと洗顔はスキンケアの基本です。

ここを疎かにしていてはどんなに効果のある美容液を使っていても効果が半減してしまいます。

少なくともファンデーション以上してる場合はクレンジングの使用は欠かせませんよね。

クレンジングはメイクを落とすこと。
が目的ですが、

すすぎ終えた素肌が

  • カサカサしてる
  • 突っ張ってる
  • ヒリヒリしてる
  • ポツポツと赤みが出てる

という方は、クレンジングの洗浄力や刺激が強過ぎです。

保湿する前の肌の状態が大事。

カサついたり、ヒリヒリしていて
クレンジングや洗顔石鹸のあと
「保湿しなきゃ」と慌てて保湿しているのなら、

洗顔料を見直すことをおすすめします。

肌をおおう皮脂を奪い過ぎています。

角質を取り過ぎると、
うるおいを守る働きも低下してしまいます。

保湿化粧品には『皮脂』は入っていません。

毛穴を綺麗にするお手入れの方法いろいろ

石鹸、クレンジング以外にピーリングや収れん化粧水などのスキンケアやマッサージなどで綺麗にすることができます。
詳しくは下記でご説明します。

毛穴がキレイになるけど、おすすめしない方法

両手を頬にあててスキンケアの効果を実感する女性

ピンセットやプッシャーなどで無理やり押し出したり、毛穴のシートパックで取り除くとゆうお手軽な方法がありますが、あなたも使ったことありますか?


取れた!
とすっきりしますよね。

取りたいし、すっきりするし
とっても簡単な方法なので
やりたくなる気持ちはとってもわかりますが。

これらの方法は肌に負担を与え肌荒れを起こしがちになったり、

押し出すことで、皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が増えてかえって詰まりの原因になります。


じゃぁ、どうしたらいいの?というと、

根本的に毛穴問題を解決へ導く方法

まずは基本となる、洗顔とクレンジングを肌に優しいものに変えて、負担や刺激をかけないお手入れを試してみてください。

1ヶ月2ヶ月3ヶ月と少しずつ改善が感じられると思います。

時間がかかりますが、皮脂の分泌サイクルから整えていくので悩みの根本解決を目指すならこの方法からです。

それでも改善されない様でしたら、皮膚科の医師に相談して見ましょう。

無理に自分で押し出したりしないようにしてください。

定期的なお手入れ①ピーリング

ピーリングは古い角質が毛穴に防ぐ効果があります。

肌のターンオーバーのサイクルは年齢でおとろえてきてしまいますので定期的なピーリングはおすすめです。

ですが、基本的に肌の弱い人はあまりおすすめできません!

肌の弱い方は回数を減らすか(どうしてもやりたい場合)成分の粒子が細かく、しっかり毛穴の奥の汚れまで掻き出す事に定評があるクレンジングや洗顔石鹸などのスキンケアを使い続ける事も毛穴ケアの一つです。

ピーリングにも様々種類がありますが
『AHA』と呼ばれるフルーツ酸(リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸)がオススメです。

メイクを落としながらプニプニのこんにゃくスクラブで角質ケア♪

お手入れ②酵素洗顔

『角栓』を分解するのに酵素洗顔が効果的です。

普通の洗顔では皮脂は落ちても角栓まで取り除くことが難しいのですが、酵素が配合されているものは角栓の主成分である古い角質(タンパク質)を分解して取り除く効果が期待できるからです。

やりすぎは角質を取り過ぎてしまいますので、注意が必要です! 基本的には週1、2回がオススメです。

毎日使える酵素洗顔ならこちらがおすすめ!

お手入れ③ビタミンC誘導体の化粧品を!

先ほど過剰な皮脂は角栓を生み出す原因だとお伝えしましたよね。

ビタミンC誘導体はこの過剰な皮脂分泌を抑制してくれるので角栓も溜まりにくくなります。
ですが、一般的にはビタミンC誘導体とは記載されていません。

ですので代表的なものを上げますのでビタミンC誘導体が入っているか確認してみてください

  • リン酸パルチミン酸アスコルビル3Na(APPS、アプレシエ)
  • リン酸アスコルビン酸Na(APS)
  • リン酸アスコルビン酸Mg(APM)
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

お手入れ④オイルマッサージ

美容に良いオイル

毛穴や皮膚全体に負担をかけず、汚れを根気よく浮き上がらせる方法をご紹介します。

自宅で簡単にできるスペシャルケアの方法で、毛穴だけでなく角質ケアやリラックス効果も期待できます。
10分くらいでできるので是非試してみて下さい。

用意するものは、マッサージオイルと蒸しタオルです。

マッサージに使うオイルはホホバオイルやアルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなど顔に適したオイルならお好みでOKです。

【オイルマッサージの手順】
オイルマッサージをする前にスチームタオルを作ります。(水かぬるま湯でぬらし電子レンジでチン)

1.オイルを適量とり2~3分かけてゆっくりマッサージをします。

2.最初に作ったスチームタオルを顔に当てて蒸します。

3.2~3分したらタオルを外して、あとは化粧水でしっかり毛穴を引き締めてあげると効果的です。

温度差のムラがないようにロールケーキ型にして人肌より少し高い40度くらいがベストだと思います。
感覚としては触った時に心地良いと感じる温度です。
だいたい700wで1分くらいが目安です。

まとめ

ここまで毛穴をキレイにする方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

即効性があったり、
効果が高いといわれている方法は、
それだけ肌への負担も大きくなると思っておいた方が良いでしょう。

やはり基本は、毎日使っているクレンジングと洗顔石鹸で毛穴をキレイにしたいですよね。

そのためには、やはり『刺激』を減らすことです。

無添加で洗浄成分も優しいものを使うと、皮脂の分泌も正常に戻っていくので毛穴の根本解決を目指すなら、クレンジングと洗顔石鹸の見直しがやはり欠かせないでしょう。

もしも、安価なクレンジングや洗顔石鹸で肌に負担をかけているなら、一度見直してみてはいかがでしょう。




毛穴レスへ導く洗顔特集

クレイ洗顔特集
酵素洗顔特集
ホットクレンジング特集
クレンジングバーム特集

 

毛穴レスQについて

毛穴ケア追求しています。(購入した30個以上の洗顔石鹸とクレンジングを並べた写真)
管理人

評判の良いクレンジングや洗顔石鹸を求めて試しています。
一つの洗顔料をじっくり使うだけでなく、たくさん使い比べることで分かった違いや特徴を評価しています。

肌質や年齢、メイクや好みの違いがありますから、100人が100人「コレが良い」と言うものなんてありませんが、ネット上に溢れかえる洗顔料の中から、毛穴や角質ケアに最適な洗顔を見つけるための判断材料として参考にして頂ければ嬉しいです。

毛穴のデイリーケアに役立つコラムもおすすめ!

ヘアメイクMai

私自身の敏感肌で実践していることと、専門学校とスタイリストとしての経験を通じて得た知識でコラムを書いています。

老化は毛穴のゆるみから表れます。
毛穴の気にならない毎日を送るお手入れに役立てて下さい。
→デイリーケアコラム一覧へ


トップに戻る↑