肌荒れと毛穴詰まり・黒ずみ汚れの関係と改善の為に

肌荒れと毛穴の黒ずみって関係ある?…改善する方法は!?

『毛穴の黒ずみも気になるし、肌荒れも気になる…』

という方もいれば、
『毛穴の黒ずみは気になるけど肌荒れは特にないよ』

という方もいるでしょう。

でも毛穴のトラブルも、もっと大きな目で見ると『肌のトラブル』ということになります。

毛穴と肌荒れにどういう関係があって、どういったお手入れが良いのか。

特に肌の弱い方、そして乾燥肌の方や乾燥が悪化して混合肌になってしまっている方は参考にしてみて下さい。

肌荒れと毛穴トラブルの肌の状態とは?

肌荒れってどんなイメージをしますか。

  • ニキビや吹き出物ができている状態
  • クマなどによる顔色の悪さ
  • 角質が厚くゴワゴワしている状態
  • お肌が乾燥してカサカサになっている状態

上記にあげたのは、どれも肌の状態が悪くなって起きている現象で、いわゆる「肌荒れ」の状態です。


では、毛穴の黒ずみはどうでしょう。

毛穴の黒ずみは、洗顔で汚れが残っているのが主な原因ですが、 皮脂の分泌が過剰に増えて毛穴が詰まりやすくなったり、肌荒れの原因もターンオーバーが深く関係しています。

また、肌が乾燥すると肌はハリを失うので毛穴も開きやすくなりますし、肌表面を守る皮脂が不足すると過剰分泌で逆に皮脂量が多くなり目元や口元はカサカサなのにTゾーンが脂っぽいといういわゆる「混合肌」にもなります。

つまり毛穴の黒ずみも肌荒れと関係するケースもあるということです。

肌が荒れると毛穴も荒れる

お肌が荒れてしまうと毛穴も荒れてしまいます。
「毛穴が荒れる」というイメージはなかなかつきにくいと思いますが、お肌の表面に毛穴はあるわけですから、お肌だけ傷がつき、毛穴は無傷とか毛穴だけがつまりお肌がキレイというのはまずありえない世界です。

でも、肌はそんなに乾燥してる感じもしないし、ニキビもそんなにない。
けれども、毛穴は黒ずみが多いって方もいると思います。

この現象はたまたま肌に目に見える異常がなかっただけで、目に見えるトラブルが開いてしまった毛穴に表れてるだけです。

肌トラブルのサインは毛穴に出やすい!?

お肌と毛穴の大きな違いとして皮脂の分泌があげられます。

毛穴は皮脂を出す箇所でもあります。

この皮脂が過剰に分泌し、毛穴がメイクや古い角質で覆われていると皮脂がお肌の表面に出られなくなります。
すると、毛穴の中で酸化し黒ずみになるというわけです。

肌荒れを起こすか、毛穴の黒ずみなるかは紙一重といえると思いますが、皮脂が分泌されてる部分ということで毛穴のほうがトラブルを起こしやすいともいえるわけです。

そもそも黒ずみの原因とは、

  • 不規則な生活
  • 落としきれてないメイク汚れ
  • 過度のスキンケア

などによって毛穴の黒ずみ汚れが発生します。


一度、できてしまった黒ずみは指で押し出したり、シート上の毛穴ケア用品を使わないとすぐにキレイになることはありません。

指で押し出したり、シートの使用は角質へのダメージも心配ですから、その際はアフターケアもしっかり行う事が大切です。

また、このような応急処置的なケアは、詰まった黒ずみや角栓を取り除くだけなので毛穴詰まりはまた繰り返されます。

その黒ずみを放っておくとどうなるの。

ちょっと毛穴の黒ずみが気になるけど、忙しいしメイクで隠せるし、アフターケアも面倒だから、特に何もしない・・・という方もいるでしょう。

その黒ずみを放置してしまうと肌ではどういうトラブルが起きるでしょうか?


放置された黒ずみはケアをしないかぎり、どんどん悪化していきます。
悪化した黒ずみはやがて、ニキビや吹き出物となるのでニキビになる前に適切な処置をしましょう。

黒ずみは毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れ、老廃物が酸化して黒ずみになります。そのまま放置していると、皮脂を大好物としているアクネ菌が皮脂をエサにしようとよってきます。

アクネ菌が住み着くことによってニキビが発生しやすくなるということです。

また、アクネ菌は空気に触れることを嫌うので、詰まっている毛穴には空気が入らないのでアクネ菌にとって黒ずみは皮脂というエサもあり苦手な空気もない、最高の環境となるわけです。

黒ずみのうちに適切な処理をしていると、ニキビの予防にもなりますし、角質のケアのみでよいスキンケアもニキビにまで発展してしまうと、角質のケアと同時にニキビのケアも行わないといけなくなります。

毛穴をケアする方法としてピーリングやシートパック、酵素パックなどいろいろありますが、正直面倒だしやり過ぎると肌荒れの原因にもなりますし、それだけアフターケアも大事になります。

そういう手間を省く意味でも、毛穴汚れに良いクレンジングや洗顔石鹸で毛穴を綺麗に保つことをおすすめします。

毎日の洗顔やクレンジングで、毛穴汚れを溜め込まずに常に綺麗に保ちながら、肌に優しい無添加クレンジングは、皮脂の落としすぎを防いで皮脂や油分バランスを整えて、ターンオーバーを正常なサイクルへと導いてくれますから、普段のスキンケアを変えることなく「お手入れの質」は肌の為に向上できますから、クレンジングや洗顔石鹸を肌の為に作られたものに変えることをおすすめします。

関連特集

乾燥するとトラブルを引き起こしやすくなり、毛穴も開きやすくなる

お肌は乾燥することによって肌の弾力が失われるので、毛穴を開きやすくしてしまいます。

主な原因としては、乾燥することによってお肌のキメが乱れて、毛穴が目立つようになってしまうからです。

細かく説明をすると、お肌は乾燥する事によって保湿成分が不足します。
保湿成分があることによってキメ細かいお肌をキープしたり、お肌のターンオーバーを促進され、いつでも新しくきめ細やかなお肌を維持するために大切な役割をしています。

しかし、乾燥によりターンオーバーのサイクルが乱れた状態が続くと、キメが乱れ毛穴は開き、やがて毛穴が黒ずみ、ニキビなどの様々な肌トラブルの原因にもなります。

つまり、毛穴を開かないようにしたいのであれば保湿をしっかり行うことが重要なポイントとなります。

肌が乾燥する主な原因とは

乾燥の原因としてあげられるのが、

  • 加齢による肌の水分低下
  • ピーリングやシートパックなどによる過度な角質ケア
  • 毛穴が目立つのでむりくりファンデーションなどで埋める
  • 化粧水の過剰使用
  • 皮脂をあぶらとり紙などで過剰に取り過ぎる
  • その他、間違ったスキンケアや過剰なスキンケア
  • 正しい洗顔方法以外の洗顔(お湯の温度や洗顔料の泡立て不足・ゴシゴシ洗い過ぎ・合成洗剤の刺激)

これらは、お肌本来の力を無視しケアをしすぎていたり、お肌を傷つけている可能性が高くなります。

スキンケアはバランスよく、やり過ぎは禁物

上記にもあげましたが、「キレイにしよう」とケアするのも行き過ぎるとダメージを受けたり、肌が弱くなってしまってスキンケアのし過ぎが逆にトラブルの原因になってしまう恐れもあります。

肌は常に新陳代謝で生まれ変わっていますから、ほどほどのスキンケアで肌の外からと、体内から健康を考えるのが理想的といえます。

「肌は内臓を映し出す鏡」とも言われます。

ホルモンバランスの乱れだったり、便秘が肌荒れの原因と深く関わっているとも言われます。
また、スキンケアは結局のところ洗顔と保湿が基本です。

化学合成成分は主に「石油が原料」となっていることがほとんどで、肌への刺激や乾燥の原因となりますから、肌が弱くてトラブルを引き起こしやすい方ほど、肌に優しい洗顔石鹸やクレンジングで常に毛穴をキレイに保ち、黒ずみ汚れを溜め込まないようなケアと、綺麗になった毛穴を質の良い保湿でキュッと引き締めましょう。

シンプルだけど、肌を甘やかさずに、自然治癒力を生かしたスキンケアで余計なケアも不用になると思いますよ。

また、食事からお肌を乾燥から守るためにビタミンA、B、C、E、亜鉛、セラミドを多く含む食事を積極的に摂取したり、適度な運動で代謝を良くするなども行いましょう。




毛穴レスへ導く洗顔特集

クレイ洗顔特集
酵素洗顔特集
ホットクレンジング特集
クレンジングバーム特集

 

毛穴レスQについて

自腹で購入して正しく評価♪毛穴とエイジングケアに良いものだけ厳選!(購入した30個以上の洗顔石鹸とクレンジングを並べた写真)
管理人

評判の良いクレンジングや洗顔石鹸を自腹で購入して試しています。
一つの洗顔料をじっくり使うだけでなく、たくさん使い比べることで分かった違いや特徴を評価しています。

肌質や年齢、メイクや好みの違いがありますから、100人が100人「コレが良い」と言うものなんてありませんが、ネット上に溢れかえる洗顔料の中から、毛穴や角質ケアに最適な洗顔を見つけるための判断材料として参考にして頂ければ嬉しいです。

毛穴のデイリーケアに役立つコラムもおすすめ!

ヘアメイクMai

私自身の敏感肌で実践していることと、仕事を通じて得た知識でコラムを書いています。

老化は毛穴のゆるみから表れます。
毛穴の気にならない毎日を送るお手入れに役立てて下さい。
→デイリーケアコラム一覧へ


トップに戻る↑