小鼻の毛穴詰まりを解消する方法

小鼻に詰まりやすい毛穴汚れのお手入れ

鼻とギュッとつまむ女性

クレンジングしても、洗顔しても気づけば毛穴が黒ずんでる…

そんな悩みを抱えている女性は多いですよね。

特に、小鼻の辺りは毛穴も大きいで目立ちやすいです。

しかし、気になるからといって間違った方法や、ケアのやり過ぎは悩みを悪化させてしまいます。

こちらでは毛穴が目立ちやすい小鼻のお手入れについてご紹介ます。

小鼻の毛穴に詰まった黒ずみ汚れの正体とは

女性の鼻

毛穴を詰まらせているのは角栓でこれはタンパク質です。

はがれた角質層のかけらなど、いらなくなった皮膚組織の老廃物が毛穴に詰まるのが主な原因です。

皮脂と混じってドロドロした状態の固まりになってしまい、

それが毛穴に詰まると、そのまま詰まりっぱなしになりやすいんです。

たんぱく質汚れが混じることで固くなり、毛穴を押し広げてしまうと毛穴が開く原因にもなります。

角栓をキレイに取り除かない限り、毛穴詰まりの悩みは解消されません。

ポツポツ黒ずみが目立つ毛穴をキレイにする方法

鼻先に石鹸の泡を乗せておどける女性

角栓を除去するための1つの手段として、
まずは『正しく優しい洗顔』を心がけることです。

毛穴のケア用品を止める!

まずは毛穴ケア用品を止め、
肌への負担を最小限におさえ、

肌コンディションを落ち着かせてターンオーバーを正常に戻してあげることから始めましょう。

正しく優しい洗顔をすることでターンオーバーも戻り、徐々に皮脂バランスも整ってきます。

詰まった汚れを取り除く定番?でも、肌にとっておすすめしない方法とは。

やはりいちばん多いのが毛穴パックじゃないでしょうか。

定番といっても過言じゃないくらいに手軽に出来ますよね。

確かにパックした時は、肌が綺麗になり毛穴も気にならなくなります。

しかし毛穴シートを剥がすときに毛穴周りの角質を傷めたりするので肌にとっては負担でしかありませんし、なおかつ一時的なしのぎなので毛穴問題を解決したことにはなりません。

根本的に解決するならやっぱり毛穴ケア用品は避け肌への負担を減らさなければなりません。

また、『角栓を溶かせる』という謳い文句のクレンジング剤などもあるようですが、そのようなクレンジング剤は油分を溶かす力があまりにも強いために、肌トラブルのリスクが高くなってしまう恐れがあります。

毛穴ケアのやり過ぎは逆効果!?やり過ぎ・奪い過ぎが悪化原因になる理由

手鏡で自分の肌を確認してガッカリした表情の女性

毛穴が気になるあまり毛穴に敏感になりケアをやり過ぎてはむしろ逆効果です。

洗い過ぎは、肌を守るために必要な皮脂を奪ってしまい、カッサカサになった肌を守るために不足している皮脂の分泌が増えてしまいます。

  • 朝夜しっかり洗っているのにベタつきやすい
  • 乾燥肌なのにTゾーンだけベタベタしやすい

という方は、
すでに皮脂分泌が過剰になっているかもしれません。

冷水での引き締めも注意

洗顔したあと、
冷水で毛穴を引き締めるなんてことしてませんか?

毛穴をキュっと引き締めるのには良いのですが、汚れや角栓が詰まりっぱなしでは意味は全くなくなります。

ニュルっと押し出すのもNG

無理に角栓を押し出すと炎症を起こしてしまうこともあります。

黒ずみだけでなく、赤みやベタつきもありませんか?乾燥肌でも皮脂の過剰分泌になる理由。

最初に『はがれた角質層のかけらなど、いらなくなった皮膚組織の老廃物が毛穴に詰まるんです。』とお伝えしましたが、その原因の一つとなる皮脂の過剰分泌は脂性肌の人にイメージをもたれやすいですが、実は乾燥肌でも皮脂が過剰分泌になることもあります。

先ほども少し触れましたが、
乾燥肌なのに皮脂が過剰に分泌する原因は主に、洗い過ぎが上げられます。

洗い過ぎによって皮脂を余計に奪ってしまい、カサカサ肌になってしまい、乾燥することで肌はそれを補おうと皮脂を余分に分泌してしまうため、乾燥肌でもベタつきを感じる場合もあるんです。

朝起きたらベタつく。
午後にはメイクがヨレヨレ。

乾燥肌のはずなのにベタつきやすい方は皮脂の分泌が増えているかもしれません。

また、Tゾーンだけ異常にベタつくのも過剰分泌の可能性が考えられます。

毛穴汚れを防げるクレンジングや洗顔石鹸とは

洗顔して肌を鏡で確認して笑顔が溢れる女性

クレンジングや石鹸は1度や2度でごっそり詰まった黒ずみをキレイにする目的ではありません!

毎日使い続けて効果を実感するものです。

でも、
できれば黒ずみは今すぐにでも取り去りたいものですよね。

ですが、クレンジングや石鹸は改善より予防が目的です。

黒ずみは正しい洗顔を続けることで、徐々に肌が落ち着いてきて除去出来るので即効性はありませんが、緩やかな改善と毛穴汚れを繰り返さないための予防にもなります。

気持ちはわかりますが焦らず地道に続けていくことが必要です。

そのためには、
クレンジングも洗顔石鹸も
無添加で洗浄成分も優しいものが適しています。

洗顔後の毛穴引き締めにはコレ

エイジングケアの効果を実感して至福の女性

洗顔する際、温かいお湯で毛穴を開かせそこに詰まった汚れを落としますが、その後ケアしないと毛穴は開きっぱなし。

開きっぱなしということはまた毛穴に汚れが詰まりやすくなります。
なので毛穴引き締めを怠ってはなりません。

収れん化粧水など毛穴引き締め効果のある化粧品で洗顔後のケアをきちんとしてあげましょう。

まとめ

「日本人は洗い過ぎ」
といわれるように、

お手入れ不足よりも、
お手入れのし過ぎ
原因になっているケースが多いです。

最後にまとめますと。

クレンジングや洗顔石鹸は、無添加で洗浄成分が優しいものを使うと皮脂バランスが整いやすいです。

ゴシゴシせず、
十分に時間をかけてすすぎましょう。

また、乾燥肌や肌の弱い人は洗う頻度は少ない方が良いです。
ダブル洗顔不要のクレンジングを使って洗う回数は1日2回までにしましょう。




毛穴レスへ導く洗顔特集

クレイ洗顔特集
酵素洗顔特集
ホットクレンジング特集
クレンジングバーム特集

 

毛穴レスQについて

毛穴ケア追求しています。(購入した30個以上の洗顔石鹸とクレンジングを並べた写真)
管理人

評判の良いクレンジングや洗顔石鹸を求めて試しています。
一つの洗顔料をじっくり使うだけでなく、たくさん使い比べることで分かった違いや特徴を評価しています。

肌質や年齢、メイクや好みの違いがありますから、100人が100人「コレが良い」と言うものなんてありませんが、ネット上に溢れかえる洗顔料の中から、毛穴や角質ケアに最適な洗顔を見つけるための判断材料として参考にして頂ければ嬉しいです。

毛穴のデイリーケアに役立つコラムもおすすめ!

ヘアメイクMai

私自身の敏感肌で実践していることと、専門学校とスタイリストとしての経験を通じて得た知識でコラムを書いています。

老化は毛穴のゆるみから表れます。
毛穴の気にならない毎日を送るお手入れに役立てて下さい。
→デイリーケアコラム一覧へ


トップに戻る↑